ぐびじんそう【虞美人草】の語源・由来

【意味】
ケシ科の一年草。雛罌粟(ひなげし)の別称。

【語源・由来】
漢名から。中国の秦末の武将、楚の項羽に愛された虞美人が命を絶った際、その血から生えてきたという伝説から。

スポンサーリンク
スポンサーリンク