ちゃんこ鍋の語源・由来


【意味】
力士の食べる独特の鍋料理で、魚介・肉・野菜などを水炊きのようにして食べるもの。

【語源・由来】
江戸時代に力士が、長崎巡業へ行った際、中国から長崎に伝わった板金製の鍋「チャンクオ」の料理法を取り入れたため「チャンクオ」が訛ったとする説。また、料理をつくる力士を「ちゃん」と呼び、親しみを表す接尾語「こ」が付いたことで「ちゃんこ」になったとする説がある。ふつう、幕下以下の力士が交代で「ちゃんこ番」を務める。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事