ちゃきんずし【茶巾鮨】の語源・由来


【意味】
五目鮨を薄焼き卵で包んで口を結んだ料理。

【語源・由来】
「茶巾」は茶の湯で茶碗などをぬぐう布のこと。薄焼き卵をその茶巾に見立てたことから。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事