ちくわぶの語源・由来


【意味】
練った小麦粉を巻きつけて蒸したもの。おでんなどに入れる。

【語源・由来】
ちくわぶの名前の由来は 小麦粉を練ってつくった「麩」を「竹輪」と同じように竹などに巻き付けて作ることから、「ちくわの形をした麩」、「ちくわぶ」になった。漢字で書くと「竹輪麩」。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事