ちちのひ【父の日】の語源・由来


【意味】
父に感謝する日。6月の第3日曜を当てる。アメリカに起こった行事。

【語源・由来】
1910年、6月の第三日曜日、アメリカ合衆国のブルース夫人が、男手一つで6人の子を育ててくれた自身の父への感謝の気持ちから、母の日があるなら父の日もあってもいいのではと提唱したことから始まった。1934年頃現在の日に決められて、アメリカの年中行事の一つとなった。日本にも伝わり、1950年頃から普及し始めた。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事