なっとう【納豆】の語源・由来


【意味】
大豆を発酵させた食品。

【語源・由来】
僧侶が寺院で出納事務を行う「納所(なっしょ)」で作られたことから。これは、蒸した大豆に麹菌を加え、塩水につけて発酵させてから乾燥させた「塩辛納豆」。現在、ごはんなどにかけて食べる納豆は、「糸引き納豆」で、煮た大豆に納豆菌を繁殖させたもの。歴史は「塩辛納豆」が古く、中国から伝わり、奈良時代から作られている。室町時代には多くの寺院で作られたため、「寺納豆」とも呼ばれる。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事