あんころもち【あんころ餅】の語源・由来


【意味】
外側に餡をつけた餅。

【語源・由来】
餅をつつむ餡が衣のようになっていることから「餡衣餅(あんころももち)」と呼ばれ、それが「あんころ餅」になったという説がある。関西や北陸地方で、夏の土用の入りの日にあんころ餅を食べる風習があるため「土用餅(どようもち)」とも呼ばれる。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事