あかんべいの語源・由来


【意味】
指で下まぶたを押し下げ、裏の赤い部分を見せる動作。また、そのときに言う言葉。軽蔑 (けいべつ) や拒絶の気持ちを表す。あかんべえ。あっかんべえ。あかんべ。あかべ。

【語源・由来】
「あかめ(赤目)」の音変化したもの。下まぶたを下げて裏の赤い部分を見せるしぐさのこと。江戸時代の落語「蒟蒻問答」など、落語の落ちに使われることもあり、「悪漢(あっかん)」を侮蔑する意味をもつ言葉という説もある。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事