あか【垢】の語源・由来

【意味】
1 汗・脂・ほこりなどがまざり合って皮膚の表面につく汚れ。「垢を落とす」
2 水中の含有物が器物などに付着したもの。水あか・湯あかなど。
3 心身に宿ったけがれ。「俗世の垢」
4 欠点。未熟さ。

【語源・由来】
仏に供える水やその容器を意味する「閼伽(あか)」からとする説、「汗気(あせか)」が語源とする説、「赤き」や 「悪所(あか)」 が語源とする説など諸説ある。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る