うしのつのをはちがさす【牛の角を蜂が刺す】の語源・由来

【意味】
痛くも何ともないことのたとえ。

【語源・由来】
牛の角を蜂または蚊がさしても、牛は痛くもかゆくも感じないように、物事に対してなんとも感じないことのたとえ。「鹿の角を蜂が刺す」、「蛙の面に水」ともいう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク