ウミオウギ【海扇】の語源・由来


【意味】
帆立貝の異称。

【語源・由来】
貝の形が扇に似ているところからいう。一般的に「ホタテ」と呼ばれる。「ホタテ」の名は、殻を帆のように立てて水上を進行すると考えられていたことから名づけられた。実際は、ヒトデなどに襲われると、殻を開閉し、殻の隙間から水を噴射して、水中を泳いで逃げる。秋田藩主佐竹氏の家紋が扇型で煮ていることから「秋田貝」ともいう。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事