ウルメイワシ【潤目鰯】の語源・由来


【意味】
ニシン科の海産の硬骨魚。マイワシに似るが、丸みを帯び、しりびれは極めて小さく、腹縁に稜鱗がない。目は透明な厚い膜に覆われ、潤んだように見える。南日本に多い。脂は少ないが干物として美味。

【語源・由来】
ウルメイワシの名は、目が「脂瞼(しけん)」と呼ばれる透明な厚い膜に覆われ、潤んだように見えることから。「ウルメ」とも呼ばれる。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事