うのみ【鵜呑み】の語源・由来

【意味】
他人の意見や考えなどをよく理解しないまま受け入れること。

【語源・由来】
「鵜」は黒くて大きな水鳥。鵜飼でも見られるように鵜が魚を丸飲みすることから、食物を噛まずに丸飲みすることを「鵜呑み」と言うようになり、よく理解せずに受け入れることの比喩として用いられるようになったとする説から。

スポンサーリンク
スポンサーリンク