ウマノアシガタ【馬の足形】の語源・由来


【意味】
キンポウゲの別称。

【語源・由来】
語源は、葉を遠くから見ると円形に見えるので、それを馬の脚の形に見立てたものといわれる。また、「鳥足形」の誤表記で、本来は「烏」の足だったという説もある。茎にも葉にも白い毛が密生し、根元から生える葉は長い柄を持ち、掌状に深く3裂する。茎につく葉は線形。初夏、黄色い5弁の花が咲く。有毒植物である。「コマノアシガタ」「トリノアシガタ」とも呼ばれる。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事