とり・とりどし【酉・酉年】の語源・由来


【意味】
①十二支の第10番目。動物では鶏に当てる。
②西の方角。
③昔の時刻の名。今の午後6時頃。また、その前後2時間。

【語源・由来】
「酉」は、「ゆう」と読み、酒の壺を描いたもので、収穫した穀物から酒を造る意、収穫できる状態であるという意の「実る」を表す。果実が熟した状態を表す。これを「にわとり」としたのは、無学の庶民に十二支を浸透させるためで順番や選ばれた理由は不詳。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事