ドレミファソラシドの語源・由来


【意味】
ドからシまでの七音からなる全音階。また、音階。

【語源・由来】
「ドレミファソラシド」はイタリア語。「パブテスマのヨハネ賛歌」から
「パブテスマのヨハネ賛歌」は、各節が一音ずつ高くなるため、各節の歌詞の最初の音節を元に、11世紀イタリアのグイード・ダレッツォという音楽理論家が、「ドレミファソラシド」を作ったとされる。
パブテスマのヨハ賛歌のラテン語歌詞。
Ut queant laxis
Resonare fibris
Mira gestorum
Famuli tuorum
Solve polluti
Labii reatum
Sancte Johannes
「Ut」は、「do」に、Sancte Johannes」は、聖ヨハネのフランス語名「Saint Ian」から「si」になり、「ドレミファソラシド」になった。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事