てきはほんのうじ【敵は本能寺】の語源・由来

【意味】
真のねらいは別のところにあるということ。

【語源・由来】
天正10(一五八二)年の本能寺の変に由来する。備中(岡山県)の毛利勢を攻めるために出陣した明智光秀は、「敵は本能寺にあり」と言って、突然進路を変え、京都の本能寺にいた織田信長を襲い自害させた。しかし光秀は、すぐさま京都に戻った羽柴(豊臣)に敗れたという故事に基づく。本来の目的を隠し、人の目をあざむくことをいう。

50音インデックスで逆引き検索