テポドンの語源・由来


【意味】
朝鮮民主主義人民共和国の長距離弾道ミサイルのこと。

【語源・由来】
「テポドン」は、アメリカ中央情報局(CIA)が名付けたコードネームで、朝鮮民主主義人民共和国の東部海岸の大浦洞(テポドン)に弾道ミサイルの発射基地があることから。北朝鮮では、「白頭山(ペクトゥサン)」または「銀河(ウナ)」の名で呼ばれている。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事