ていおうせっかい【帝王切開】の語源・由来

【意味】
難産などのとき、母体を切開して胎児を取り出す手術。

【語源・由来】
古代ローマ帝国の皇帝カエサルが、この方法により産まれたという説、また、切る意のラテン語caesuraをドイツ誤訳する際、カエサルと誤って訳したという説がある。

50音インデックスで逆引き検索