てっか【鉄火】の語源・由来

【意味】
①博打打ち。
②気質が荒々しいこと。
③鉄火巻き、または鉄火丼のこと。

【語源・由来】
「鉄火」は、もともと真っ赤に焼いた鉄をさす語。昔、手がただれなければ罪、偽りのない証拠とし、神前で赤く熱した鉄を握らせることを「鉄火」といった。①や②は、真っ赤な鉄を握るほどの勢い、潔さというところから生じた用法。③は、まぐろの赤身の色を焼けた赤い鉄に見立てたところからの名称とされる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク