タイショウエビ【大正蝦・大正海老】の語源・由来


【意味】
クルマエビ科のエビ。体は淡灰色で尾の先は暗褐色。体長約20㎝。渤海湾の浅所で産卵・成育し、秋に岸を離れ沖合に向かう。黄海・東シナ海の大陸棚上でトロールにより漁獲。食用。標準和名はコウライエビ。

【語源・由来】
大正11年、当時の、主だった水産会社、(林兼商店、日鮮組)が共同事業「大正組」を興し、「タイショウエビ」の商品名となった。事業名は年号の大正に由来、海老の名は事業名に由来。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事