たいくつ【退屈】の語源・由来


【意味】
①気力がおとろえること。飽きて、いや気がさすこと。
②圧倒されること。へこたれること。
③することがなく時間を持て余すこと。興味がもてずにあきあきすること。
④(仏)仏道修行の苦難・困難に負け、精進しようとする気持ちをなくすこと。

【語源・由来】
「退屈」は、元々は仏教語で仏道修行の苦難・困難に負け、精進しようとする気持ちをなくすことを表した。そこから、飽きていやになることを意味するようになり、することがなく時間を持て余す、興味が持てずにあきあきすることを意味するようになった。退き屈する意。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事