そうざい【総菜】の語源・由来

【意味】
日常の食事の副産物。

【語源・由来】
「菜(さい)」(奈良時代には「な」と読んだ)は本来は野菜のことを指すが、転じて副食物も意味する。その「菜」の総称の意で、「総菜」になったとされる。江戸時代、主に江戸で使われはじめた語。「惣菜」とも書く。

50音インデックスで逆引き検索