しぐれに【時雨煮】の語源・由来

【意味】
はまぐりなど貝類のむき身にしょうがを加え、醤油・砂糖などで濃く煮しめたもの。

【語源・由来】
さっと煮つけたところやいろいろな風味が口の中を通り過ぎることから、一時的に降る時雨にたとえて「しぐれ煮」と名付けられたいう説や、時雨の降る時期が最もはまぐりがおいしくなる季節だからといった説、醤油で煮しめた時雨煮の色を時雨が降る初冬のうら枯れた草木の色になぞらえたとする説もある。

50音インデックスで逆引き検索