しめなわ【注連縄】の語源・由来

【意味】
神前などにかけ渡す縄。

【語源・由来】
「しめ」は「占める」の意で、神域など立ち入り禁止を示す印。「注連」の表記は中国で、死霊が戻らないように家の入口にはる縄からといわれている。「七五三縄」とも書く。

スポンサーリンク
スポンサーリンク