せいもんばらい【誓文払い】の語源・由来

【意味】
関西の商店で行われる年末の大安売り。

【語源・由来】
江戸時代、京都の商人や遊女が陰暦十月二十日に冠者殿に参詣し、日ごろ客をだました罪を払うための祈願をしたことから。のち、罪滅ぼしの名目で、京阪の商店が安売りを行うようになったことから。

50音インデックスで逆引き検索