じょうご【上戸】の語源・由来


【意味】
酒の好きな人。また、酒が好きで、たくさん飲める人。酒飲み。 他の語の下に付いて複合語をつくり、酒に酔うとよく出る癖の状態を表す。日常の癖についていう場合もある。「笑い上戸」「泣き上戸」

【語源・由来】
令制で、四等戸「大戸・上戸・中戸・下戸」の二つ目にあたる。一戸内に六、七人の正丁(せいてい)のいる戸。婚礼の際、最上位の大戸から、上戸、中戸、下戸と定めた上で婚礼時の酒量を決めたことから、転じて酒を良く飲む人を上戸(または大戸)、余り飲めない人を下戸と呼んだのが由来とされる。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事