しける【時化る】の語源・由来


【意味】
風雨が強く、海があれる。

【語源・由来】
湿り気を帯びるの意の「湿気る(しける)」と同源で、「時化る(しける)」は当て字。古くは空が曇る意で用いられた。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事