せんれい【洗礼】の語源・由来


【意味】
ある分野における初めての経験。

【語源・由来】
洗礼は、新約聖書の福音書において、洗礼者ヨハネがヨルダン川にて行っていた「浄化儀式」のこと。キリスト教に入信するための儀式である。体を水に浸す「浸水」、頭上に水を注ぐ「潅水」、頭部に水滴をつける「滴礼」などがある。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事