セツブンソウ【節分草】の語源・由来


【意味】
キンポウゲ科の多年草。早春に咲きだすので、この名がある。石灰岩地帯を好み、日本の山地の樹陰などに自生。地中に球状の塊茎があり、高さ10~20cm。葉は多く深裂。2~3月頃、1本の花茎を出し白色5弁の小花を開く。観賞用にも栽培。

【語源・由来】
「セツブンソウ」は、他の植物に先駆けて早春に咲き出すことからこの名が付いた。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事