さつまあげ【薩摩揚げ】の語源・由来

【意味】
魚のすり身に細かく切った野菜などをまぜ、油で揚げた料理。

【語源・由来】
薩摩(鹿児島)で作られたことから、江戸では「薩摩のつけ揚げ」と呼び、のちに「薩摩揚げ」というようになった。関西では「天ぷら」、鹿児島では「つけ揚げ」ともいう。

50音インデックスで逆引き検索