サボるの語源・由来


【意味】
ずる休みをする。

【語源・由来】
フランス語の「sabotage(サボタージュ)」(怠業)を略した「サボ」を動詞化した語。サボタージュとは、故意に仕事を停滞させたり、過失に見せかけ機械を破損するなど、経営者に損害を与えて解決を促す労働争議の戦術のひとつ。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事