きんぴらごぼう【金平ごぼう】の語源・由来

【意味】
細切りのごぼうを油で炒め、唐辛子・醤油・砂糖などで味付けしたもの。

【語源・由来】
江戸の和泉太夫が語り始めた古浄瑠璃のひとつ『金平浄瑠璃』の主人公「坂田金平(さかたのきんぴら)」の名に由来する。 坂田金平は坂田金時(金太郎のこと)の息子という設定で、固くて辛いごぼうを、非常に強くて勇ましい金平にたとえたといわれる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク