おうごんりつ【黄金律】の語源・由来


【意味】
自分が望むことを他人にもせよということ。

【語源・由来】
英語golden ruleの訳語。『新約聖書』の「マタイによる福音書」第七章にある、山上の説教(キリストが山の上で弟子たちに戸板とされる教え、山上の垂訓ともいう。)の「何事でも人からしてほしいと望むことは、あなたがたも人にそのとおりにしなさい」という教えのこと。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事