おはぎ【御萩】の語源・由来


【意味】
「はぎのもち」の別称。

【語源・由来】
「萩の餅」または「萩の花」を指す女房詞。もち米とうるち米を等量にまぜて炊き、荒くついて丸め、粒あんをまぶしたもの。その小豆の粒が、萩の花が咲き乱れている様子に似ていたことからといわれる。春に作るのは「ぼたもち」、秋に作るのは「おはぎ」。現在では、春秋通じて「おはぎ」または「ぼたもち」と呼ばれる。主に彼岸のお菓子。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事