おすみつき【お墨付き】の語源・由来

【意味】
権威者の許可や保証。

【語源・由来】
室町時代・江戸時代、将軍や大名から臣下に与えた領地を後日の証拠として保障・確認する文書のこと。「墨の花押(書判)」があるところからこの名が付いた。

50音インデックスで逆引き検索