おうぎがい【扇貝】の語源・由来


【意味】
シャコガイ・ホタテガイ、またはアゲマキガイの別称。

【語源・由来】
貝殻が扇の形をしていることから「扇貝」と呼ばれる。「シャコガイ」はシャコガイ科の二枚貝の総称。貝殻は扇形で、青紫色を呈し、種々の装飾品に用いられた。「ホタテガイ」はイタヤガイ科の二枚貝。殻を帆のように立てて水上を進行するという俗説からつけられた名。「アゲマキガイ」はナタマメガイ科の二枚貝。貝殻は円筒形で、マテガイに似る。2裂した水管を出し、その形が総角に似る。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事