おにのかくらん【鬼の霍乱】の語源・由来


【意味】
いつもは極めて壮健な人が病気になることのたとえ。

【語源・由来】
「霍乱」は暑気あたりの病。普通、日射病を指すが、古くは吐瀉病も含めて用いた。いつもは健康な人を「鬼」、珍しく病に倒れることを「霍乱」にたとえて「鬼の霍乱」という。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事