おみなえし【女郎花】の語源・由来

【意味】
オミナエシ科の多年草。秋の七草のひとつ。

【語源・由来】
「おみな」は女性のことで、古くは美人、佳人の意。「へし」は「圧(へ)す」の連用形で、女性を圧倒するほどの美しい意からとする説。「おみな(女)うえし(植えし)」の転とする説など、諸説ある。

スポンサーリンク
スポンサーリンク