おいちょかぶの語源・由来


【意味】
(「おいちょ」は8、「かぶ」は9の数)かるた賭博の一つ。手札とめくり札とを合わせて、末尾が9またはそれに最も近い数を勝ちとする。別に種々の役上がりがある。かぶ。

【語源・由来】
「おいちょ」は8、「かぶ」は9の数。「おいちょ」は「追丁」や「追帳」と書くが、8を指す「おいちょ」は、8を意味するポルトガル語の「oito」に由来する。9のカブの語源は不明。他の数字は、0がブタ、1がピン、2がニゾウ、3がサンタ、4がヨツヤ、5がゴケ、6がロッポウ、7がシチケンという。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事