ねぶたの語源・由来


【意味】
東北地方で行われる旧暦7月日の行事。竹や木を使って紙貼りの武者人形・悪鬼・鳥獣などを作り、中に火をともして屋台や車に載せて練り歩く。青森市(現在は8月2~7日)・弘前市(「ねぷた」、8月1~7日)で行われるのがとくに有名。ねぶたまつり。ねぷた。

【語源・由来】
「ねぶた」は、除災行事としての「眠り流し」が発展したもので、「眠(ねぶ)たし」の語幹からとする説、合歓の木を目にこすりつけて、「ねぶた流し河流し」と唱えながら川に木の枝や藁人形を流す地方があることから、「合歓木(ねむのき)」からとする説、また、「七夕(たなばた)」「荷札(にふだ)」からという説がある。
主に、青森市周辺は「ねぶた」、弘前市周辺は「ねぷた」という。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事