ぞうに【雑煮】の語源・由来

【意味】
餅を主として、魚や肉・野菜などを入れた汁もの。正月料理の一つ。

【語源・由来】
種々雑多なものを入れて煮ることからといわれている。当初、正月料理に限定されるものではなかったが、室町時代の武家社会において祝い膳として出されるようになり、正月料理となった。なお、汁の味付けや具の取り合わせ。餅の調理の仕方などは地方によって様々。

スポンサーリンク
スポンサーリンク