なるとまき【鳴門巻き】の語源・由来

【意味】
赤く染めた魚肉のすり身を、白いすり身で渦状に巻いて蒸したもの。かまぼこの一種。

【語源・由来】
鳴門巻きは、断面にできる渦巻き模様を鳴門海峡の渦潮にちなみ付けられた名。

50音インデックスで逆引き検索