ならびだいみょう【並び大名】の語源・由来

【意味】
人数に加わっているだけで、あまり重要ではない人。

【語源・由来】
歌舞伎で、大名の扮装をしてただ並んでいるだけの役。また、それに扮した俳優のこと。台詞もない小さな役ということから、重要ではない役の蔑称となった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク