むじんぞう【無尽蔵】の語源・由来


【意味】
無限にあること。いくら取ってもなくならないこと。

【語源・由来】
本来は仏教語で、尽きることのない財宝を納めた蔵のこと。仏の無限の功徳のたとえ。もっと世俗の世界になると、庶民のための金融機関、「無尽講(頼母子講)」となる。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事