こうぼうにもふでのあやまり【弘法にも筆の誤り】の語源・由来


【意味】
その道に長じた者にも、時には誤りや失敗があるというたとえ。「弘法も筆の誤り」ともいう。「猿も木から落ちる」と同趣旨。

【語源・由来】
「弘法」は、平安時代の僧、空海のこと。
弘法大師は、天皇に応天門の額を書くように命じられたが、「応」の字の「心」の一番上の点を一つ書き落としたことから、弘法のような達人でも書き損じがあるのだという許容や慰めとして、この句は使われるようになった。
さらに、弘法大師は、書き損じた額に筆を投げつけて点を書き足したことから、弘法のような達人は直し方もすごいという賞賛の意味も含まれている。また、達人の弘法でも間違えることがあるのだからと、熟練した人の油断を戒める意でも用いられる。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事