こうじつ【口実】の語源・由来


【意味】
①(もと、口にするかての意。くちすぎのもと)いつも口にする言葉。いいぐさ。
②言いのがれや言いがかりの材料。また、その言葉。いいわけ。

【語源・由来】
「口実」は、口の中にみちるが原義。口の中に満ちるものは、飲食物と言葉があるが、「言葉(いいぐさ)」の意味で用いられる。明治時代以降、空虚な言葉に「実」をこめようとするところから、「口実」は、いいわけを意味するようになった。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事