コロンブスの卵の語源・由来


【意味】
だれにでもできることでも、最初に行うのは難しいという例え。また、気付きそうで気が付かない事実のこともいう。

【語源・由来】
新大陸発見はだれにでもできると批判されたコロンブスが、卵を立てることを試みさせ、一人もできなかった後に卵の尻をつぶして立てて見せたという話から。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事