こんりんざい【金輪際】の語源・由来


【意味】
(打消しの語を伴って)絶対に。断じて。

【語源・由来】
仏教では、大地は「風輪」「水輪」「金輪」の三つの層によって支えられているとする。「金輪」は最上層で大地のすぐ下。「際」は果ての意で金輪の底。つまり、大地の底の底。転じて、最後まで、また、絶対になどの意となった。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事