ローマは一日にしてならずの語源・由来


【意味】
大事業は長期間に及ぶ努力が無ければ成し遂げることはできない。

【語源・由来】
英語のことわざRome was not built in a day.の訳。一説に、スペインの小説家セルバンテス(「ドン・キホーテ」の作者)の作品中に見られる語といわれている。「すべての道はローマに通ず」と言われたほど繁栄したローマ帝国を築くまでに、約七百年もの歳月を費やし、長い苦難の歴史があった。 決して短期間で完成するものではないという意から。

【参考】
【ローマは一日にして成らず】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事